AMGホーム > AMG協議会 > ごあいさつ

AMG協議会 AMG協議会についてのご紹介

AMG協議会

ごあいさつ

総局長 久保田 巧

総局長 久保田 巧  上尾中央医科グループ協議会は、上尾中央医科グループ(AMG)全体の医療の適正化の検討と、医療及び介護施設等の健全経営を支援し、医療、介護、福祉、教育の現場の発展向上に寄与し地域社会に貢献することを目的に本部機能としての役割を担っています。構成として、事業本部には、経営管理本部(医療事業部、介護事業部、地域包括ケア部、医療情報企画室、施設基準管理室)、総務人事本部(総務本部、人事本部、戦略人事企画本部)を柱に、組織運営部、エリア支援部、医師人事企画部、人財開発室を配置、財務本部(経理部、資金部)、看護本部、部門支援本部には、薬剤部、放射線部、リハビリ部、検査部、栄養部、臨床工学部、また、組織管理部門として企画調整室を置き、マトリックス組織を機能させています。その他、内部監査室、キャリアサポートセンター、実業団バレー部 上尾メディックスで組織されています。2019年4月には、協議会組織図をバージョンアップし、さらに、現場のサポート体制の強化ができるように改定しています。

 さて、社会情勢をみますと超高齢化がすすみ労働者人口の減少、それに伴った外国人労働者や外国人技能実習生受け入れなど日本国内における将来を見据えた人財確保でも新たな取り組みがなされています。医療・介護でも人財不足による厳しい状況が続いており、AMGでも外国人の採用活動を開始しています。また、働きやすい職場環境の構築や、人財育成に注力し、一人ひとりが活躍できる職場づくりを行っていきます。

 また、今年度は消費税率の10%への引き上げや、労働時間の新たな枠組みなど経営環境が大きく変わる年であります。これらの事柄をマイナスに捉えるのではなく、この様な社会情勢の変化に対応できることこそが組織の力であると考え対応していきたいと思います。

 今年度のAMG方針は「躍進」としました。これまで培ってきた様々な経験をもとに、地域医療を共に支える医療機関や介護施設との連携により地域包括ケアシステムの一翼を担い、患者様・利用者様へより良質な医療・サービスを円滑に提供できる体制を構築いたします。

 上尾中央医科グループは設立55年を迎えました。これからの100年へと向けて設立当初からの理念である「愛し愛される病院・施設」のもと、人と人のつながりを重んじて、グループの社会的役割を心に刻み、皆様のご期待に添うべく今後も職員一丸となって邁進する所存です。これから先も変わらぬご支援、ご厚情を賜りますようお願い申し上げます。