ワークライフバランス

キャリアアップ

専門・認定看護師の活動

専門・認定看護師資格取得後の活動として「認定看護師研究会」があります。
定期的に情報交換、研修会の企画・運営を行っています。
また、AMGコンサルテーション規定集「DREAM」がグループ内全施設に配布されており、専門・認定看護師が直接施設に訪問して教育・指導を行っています。

専門・認定看護師を目指す方へ

スペシャリストを目指す方には次のサポートをしています。

奨学金制度

(1)専門看護師 奨学金
上限240万円の奨学金を受け、大学院に通学しながら病院でアルバイトもできます。
(2)認定看護師 給与支給
認定看護師養成機関に通学中も、給与が支給されます。
(AMG勤続1年以上の方が対象です。勤続3年以上で10割支給します)

AMG認定看護師一覧

各分野のリンクをクリックすると詳細をご覧いただけます。

分野 施設名 30.7月末現在 30.7月合格者 合計




救急看護PDF 上尾中央総合病院 2名   2名
皮膚・排泄ケアPDF 上尾中央総合病院 2名   7名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
柏厚生総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
上尾中央第二病院 1名  
蓮田一心会病院 1名  
集中ケアPDF 上尾中央総合病院 5名   6名
柏厚生総合病院 1名  
緩和ケアPDF 上尾中央総合病院 1名   21名
八潮中央総合病院 1名  
吉川中央総合病院 3名  
白岡中央総合病院 2名  
柏厚生総合病院 2名  
船橋総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 2名 1名
金沢文庫病院 2名  
伊奈病院 2名  
上尾中央第二病院 2名  
笛吹中央病院 1名  
訪問看護ステーション和音 1名  
がん化学療法看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
浅草病院 1名  
白岡中央総合病院 0名 1名
吉川中央総合病院 0名 1名
がん性疼痛看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
津田沼中央総合病院 1名  
訪問看護PDF 上尾中央総合病院 1名   3名
吉川中央総合病院 1名  
白岡中央総合病院 0名 1名
感染管理PDF 上尾中央総合病院 2名   5名
船橋総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
笛吹中央病院 1名  
糖尿病看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
白岡中央総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
三郷中央総合病院 1名  
手術看護PDF 越谷誠和病院 1名   2名
三郷中央総合病院 0名 1名
摂食・嚥下障害看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
小児救急看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
認知症看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
八潮中央総合病院 1名  
柏厚生総合病院 1名  
杉並リハビリテーション病院 1名  
脳卒中リハビリテーション看護PDF 三郷中央総合病院 2名   2名
慢性心不全看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
慢性呼吸器疾患看護 越谷誠和病院 1名   1名
透析看護 笛吹中央病院 0名 1名 1名
認定看護師 合計 62名 6名 68名
認定看護管理者 合計 17名 10名 27名

認定看護分野の紹介

私たちは認定看護師として専門性を活かした看護の実践に努めています。

2019年5月紹介

・感染管理認定看護師の紹介

感染管理認定看護師の紹介  感染対策の基本と言えば皆さんご存知のとおり「手指衛生」ですね。手指衛生とは、手指を清潔に保つことで、主な方法に、石鹸と流水による手洗いと擦式アルコール製剤を用いた手指消毒があります。
 1996年にCDC(アメリカ疾病管理予防センター)が発表した「病院における隔離予防策」では、手指衛生は手洗いが基本であり、擦式アルコール製剤は手洗いシンクがない場合などに手洗いの代用として使用するとされていました。2002年には「CDCの手指衛生ガイドライン」が発表され、石鹸と流水による手洗いより、擦式アルコール製剤の使用を優先することが推奨されました。
 手指衛生は闇雲に行っても効果が得られません。適切な方法(石鹸と流水による手洗いか、擦式アルコール製剤による手指消毒か)を、正しいタイミング(するべき場面)に、正しい手順(手指から手首までまんべんなく洗う、擦り込む)で行うことが重要です。皆さんの病院・施設ではこの重要ポイントが遵守できていますか?
 私の所属する上尾中央総合病院では、擦式アルコール製剤の使用量から1患者1日当たりの手指消毒実施回数を算出し、手指消毒実施状況を評価しています。しかし、この評価方法では石鹸と流水による手洗いは対象外となり、なにより、正しいタイミングに正しい手順で遵守できているかの評価はできません。そこで、昨年度は、2名の感染管理認定看護師が観察者となり、WHOの手指衛生ガイドラインで推奨されている「手指衛生の5つのタイミング」
① 患者に触れる前、② 清潔/無菌操作の前、③ 体液に曝露された可能性があった後
④ 患者に触れた後 、⑤ 患者の周囲に触れた後
で手指衛生が実践できているかを評価する「直接観察」に取り組みました。結果、タイミング別では「患者に触れる前」の遵守率が最も低いことや、職種別の遵守率を把握することができました。また、この結果を受け、自発的に擦式アルコール製剤を携帯する部署が出てくるなど、嬉しい成果を得ることができました。
 今年度はさらに回数や部署を増やして直接観察を行い、当院の感染対策の現状把握と改善活動に取り組みたいと考えています。

上尾中央総合病院  荒井 千恵子
 

認定看護師の紹介・バックナンバー

 

AMG認定看護師コンサルテーションの紹介

コンサルテーションの紹介