ワークライフバランス

キャリアアップ

専門・認定看護師の活動

専門・認定看護師資格取得後の活動として「認定看護師研究会」があります。
定期的に情報交換、研修会の企画・運営を行っています。
また、AMGコンサルテーション規定集「DREAM」がグループ内全施設に配布されており、専門・認定看護師が直接施設に訪問して教育・指導を行っています。

専門・認定看護師を目指す方へ

スペシャリストを目指す方には次のサポートをしています。

奨学金制度

(1)専門看護師 奨学金
上限240万円の奨学金を受け、大学院に通学しながら病院でアルバイトもできます。
(2)認定看護師 給与支給
認定看護師養成機関に通学中も、給与が支給されます。
(AMG勤続1年以上の方が対象です。勤続3年以上で10割支給します)

AMG認定看護師一覧

各分野のリンクをクリックすると詳細をご覧いただけます。

分野 施設名 30.7月末現在 30.7月合格者 合計




救急看護PDF 上尾中央総合病院 2名   2名
皮膚・排泄ケアPDF 上尾中央総合病院 2名   7名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
柏厚生総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
上尾中央第二病院 1名  
蓮田一心会病院 1名  
集中ケアPDF 上尾中央総合病院 5名   6名
柏厚生総合病院 1名  
緩和ケアPDF 上尾中央総合病院 1名   21名
八潮中央総合病院 1名  
吉川中央総合病院 3名  
白岡中央総合病院 2名  
柏厚生総合病院 2名  
船橋総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 2名 1名
金沢文庫病院 2名  
伊奈病院 2名  
上尾中央第二病院 2名  
笛吹中央病院 1名  
訪問看護ステーション和音 1名  
がん化学療法看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
浅草病院 1名  
白岡中央総合病院 0名 1名
吉川中央総合病院 0名 1名
がん性疼痛看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
津田沼中央総合病院 1名  
訪問看護PDF 上尾中央総合病院 1名   3名
吉川中央総合病院 1名  
白岡中央総合病院 0名 1名
感染管理PDF 上尾中央総合病院 2名   5名
船橋総合病院 1名  
三郷中央総合病院 1名  
笛吹中央病院 1名  
糖尿病看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
白岡中央総合病院 1名  
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
三郷中央総合病院 1名  
手術看護PDF 越谷誠和病院 1名   2名
三郷中央総合病院 0名 1名
摂食・嚥下障害看護PDF 上尾中央総合病院 1名   2名
彩の国東大宮メディカルセンター 1名  
小児救急看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
認知症看護PDF 上尾中央総合病院 1名   4名
八潮中央総合病院 1名  
柏厚生総合病院 1名  
杉並リハビリテーション病院 1名  
脳卒中リハビリテーション看護PDF 三郷中央総合病院 2名   2名
慢性心不全看護PDF 上尾中央総合病院 1名   1名
慢性呼吸器疾患看護 越谷誠和病院 1名   1名
透析看護 笛吹中央病院 0名 1名 1名
認定看護師 合計 62名 6名 68名
認定看護管理者 合計 17名 10名 27名

認定看護分野の紹介

私たちは認定看護師として専門性を活かした看護の実践に努めています。

2019年3月紹介

・がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法看護認定看護師  当院では2016年10月に外来化学療法室3床を開設し、消化器系のがん化学療法を行っています。私は外科系病棟でのがん化学療法看護に携わっていましたが、認定看護師資格習得を機に外来勤務となり、現在では院内で横断的な活動を行っています。
 がん化学療法は、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬の開発、支持療法の進歩により適応範囲が広がるとともに、治療の場は外来に移り以前より身近な治療となりつつあります。しかし、一方ではその進歩ゆえに患者さんのみならず医療スタッフにも解りにくく、また多くの患者さんが自宅で副作用に対処しているのが現状です。
私は認定看護師として安全で確実な治療の実施とともに、がん化学療法を解りやすく伝えること、患者さんや家族の持っている力を最大限生かせるように支援することを心がけて活動しています。治療開始や変更に伴う治療内容や副作用の説明、セルフケア指導は患者さんの理解に合わせて段階的に行い、治療の度ごとに患者さんとともに副作用の発現状況や自宅での生活を振り返ることを繰り返し、その人に合ったセルフケアの獲得を目指しています。
 そして私の支えは多職種によるチームの力です。医師や薬剤師、外来や病棟看護師はもとより、緩和ケア認定看護師とはがんの診断告知、化学療法開始時から連携を図り、より広い視野での支援を目指しています。
 がん化学療法がスタッフにとっても身近なものになるように、今年はCVポート研修を糸口に院内に発信を開始します。認定看護師1年目で多くの問題を抱えていますが、「一人でもがん化学療法を受ける患者さんがいるなら支援したい」という気持ちを忘れずにチームとともに活動を続けたいと思います。

白岡中央総合病院  斎藤 静子
 

・訪問看護認定看護師

訪問看護認定看護師  急速な高齢化の進展に伴い、埼玉県の高齢化率は25.9%、白岡市は26.6%となっています。そして、埼玉県地域医療構想では、介護施設を含む在宅医療の必要量は2025年には1.8倍になると推計しています。このように、在宅重視のケアシステムへと政策転換が進む中で、医療と介護、福祉の連携の要としてケアチームの中核的機能を担うことが訪問看護に求められています。
 私は、平成24年から始まった近隣2市1町の地域包括ケアシステム構築に向けた取り組みに参加する中で、まだまだ知られていない訪問看護が果たす役割や効果を、たくさんの人に分かりやすく発信できるようになりたいと思うようになり、訪問看護認定看護師を目指しました。病気や障害があっても、医療依存度が高くても、終末期や自宅での看取りを希望される場合でも、ご本人とご家族が主体となって住み慣れた地域や家庭でその方らしく暮らし続けられるよう、療養生活を支えるのが訪問看護の役割です。
 しかし、それには多職種との協働が不可欠です。より良い連携を図っていくために、地域での医療安全をテーマにしたヘルパーさんへの研修や薬剤師会のニーズに応えてターミナルケア・自宅看取りにおける訪問薬剤との連携についての研修を行う等、地域での活動が広がっています。また、院内との連携促進の取り組みとして、昨年からは看護部からの訪問看護留学を受け始めました。今年は、訪問看護視点での退院支援や在宅ケアの研修を行い、継続看護の質の向上を図っていければと思います。

白岡中央総合病院 白岡訪問看護ステーション  中村 由美子
 

認定看護師の紹介・バックナンバー

 

AMG認定看護師コンサルテーションの紹介

コンサルテーションの紹介