グループメリット

救急看護

認定看護師の紹介(※毎月リレー形式で紹介してまいります)

私たちは認定看護師として専門性を活かした看護の実践に努めています。

最新の紹介記事へ戻る

2018年9月紹介

救急看護  救急看護認定看護師の資格取得後早くも4年目に突入となりました。現在は救急認定看護師は2名となり救急部門・院内・院外活動へと活動範囲が広がりつつあります。  今回は2017年~2018年の活動内容をご紹介したいと思います。
【院内活動】
急変症例振り返り13件・時間外受診患者対応1件
病棟急変シミュレーション2件・院内インシデント検討2件
急変振り返り方法指導(主任対象)・災害講義5件・
看護専門コース講師・救急関連新聞作成・特定行為研修講師など
【院外活動】
看護学校講師・近隣消防署症例検討会参加・保育園勉強会(災害)講師・雑誌執筆など
上記のように救急=急変というイメージが強く、院内活動が主となっていますが徐々に院外活動も増えつつあります。
 昨年度より看護部・診療部の力をお借りし、急変時看護=予防・予測・早期発見・迅速な対応・振り返りといった一連の流れを院内の医療従事者へ浸透できるよう職種問わず定期的に勉強会や振り帰りを実施してきました。成果として個人で急変時の振り返りを依頼してくる方や、院内インシデントに対する対策の検討・診療や処置中の急変予測方法など様々な職種より相談を頂けるようになり、勉強会やシミュレーションの際も看護師だけではなく医師・看護補助者・事務職・他技術職の方々の協力も得られやすい環境が確立しつつあります。今年度は複数の部署で急変対応に関するシミュレーションを目標と掲げていただいたり、主任対象のリーダーシップや振り返り方法に関する指導、院内研修内容変更に伴う災害看護研修、災害拠点病院としての院内整備、重症患者に使用する医療機器の指導、循環器専用救急車同乗など様々な介入の機会を頂いています。多くの部署・多くの職種・地域の方々との関わりを通し、依頼元の方々から話しかけやすい(依頼のしやすい)雰囲気・意見や考えを話しやすい雰囲気・次も困ったときは連絡しようといった雰囲気など認定看護師にとって大切な人間性の部分も少しずつではありますが身に着けられるよう努力しているところです。
 ぜひこの記事を読んでくださった方々や救急看護認定看護師の存在を耳にした方、日頃から気になっていることや災害や救急に関する備えなど気軽に相談いただければと思います。

上尾中央総合病院  皆川 紘子

2018年4月紹介

救急看護認定看護師 私は上尾中央総合病院 救急初療看護科に所属し、2017年に救急看護認定看護師を取得しました。
 救急看護認定看護師は当院2人目であり、先輩の認定看護師と協力し、部署内外の急変対応能力向上を目的とした活動を行っています。部署内の活動としては、役割モデルとなるよう根拠に基づいた看護実践、トリアージの症例検討、勉強会の企画や運営を行っています。部署外活動としては、病棟の急変事例やコードブルー症例の振り返り、急変対応コースの開催を行っています。
 認定看護師となり、部署だけでなく院内のスタッフへ指導をする機会が増え、自分自身の経験や知識不足を実感しています。また、先輩看護師から教えていただくこともまだまだあり、自己研鑽を続けていかなければと感じています。
 認定看護師として至らない点もありますが、自部署だけでなくAMG全体の急変対応能力が向上するよう努めていきたいと思います。

上尾中央総合病院   大戸 沙希

2017年12月紹介

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 私は上尾中央総合病院の救急初療看護科に所属し、救急車で搬送された患者、自力受診した患者の初療に携わっています。当院は救急搬送約650件/月、自力受診患者約1000件/月であり、非常に多くの患者が救急室を受診しています。救急室は一時的な通過点であり、初療が終わると患者の状態により入院、もしくは帰宅となります。めまぐるしく患者と携わる中で、看護が提供できているのか?救急領域での看護とはなにか?という思いを抱き、2017年に救急看護認定看護師を取得しました。取得後は自施設の院内トリアージ体制の改善やコードブルー症例の振り返りを行っています。また、院内で急変対応コースを開催し、急変対応の強化を図っています。
 皆さんは”急変の6~8時間前に前兆がある”と言われているのをご存じですか?そのため、急変の前兆に気付き、対応することができれば、急変は予防できると言われています。そこで急変対応コースでは、急変時の対応方法だけでなく、急変の前兆に気付けるよう講義を行っています。また、急変時の観察方法や医師への報告について行動レベルで習得できるようシミュレーションを取り入れています。救急状況は場所を問わず発生するため、あらゆる看護場面で救急看護が実践され、すべての看護職が実施しなければならない看護といわれています。自病院だけでなく、AMG全体の急変対応能力が向上するよう努めていきたいと思います。

上尾中央総合病院   大戸 沙希

2016年3月紹介

救急看護認定看護師  2015年に救急看護認定看護師の資格を取得し、上尾中央総合病院救急初療看護科に所属しています。
 当院は2次救急指定施設であり、救急搬入約9600件/年・直接受診患者約14000名/年の受け入れを行っています。そのため、救急に関わるスタッフは年齢・性別・疾患にとらわれない幅広い知識と技術が要求され、日々最新の情報を把握する必要があります。救急看護認定看護師としてスタッフへ最新の情報提供や看護実践を通し知識や技術の指導を行い、医師と治療や看護についてのディスカッションなどを行っています。
 また、院内活動として院内急変対応システムや急変時対応・院内トリアージ・一次~二次救命処置に関する相談を受け実践・指導を行っています。将来的には災害拠点病院指定・DMAT発足・RRS導入を目指し活動していくとともに、救急医療に不可欠な地域との連携を図れるよう院内外問わず活動の場を広げていきたいと思います。

上尾中央総合病院  皆川紘子