AMGホーム > AMG部門紹介 > 看護・介護

AMG部門紹介 AMG各部門の業務内容などのご紹介

AMG部門紹介

看護職・介護職採用情報の詳細

看護・介護

ごあいさつ 看護本部 局長 林 勝枝

看護本部 局長 柳谷 良子 看護本部では、「愛し愛される病院・施設」でありますグループ理念のもと、「患者・利用者さまに最良の看護・介護が提供できる」を目標に、5つの基本方針を掲げ、取り組んでおります。
 2019年4月現在、当グループは、看護・介護職員数7,480名(平成31年4月現在)が在職をしております。私はこのグループに入職して30年以上になりますが、もしも入職していなかったと思うと職員さんとは、とても深い縁を感じます。もしも出会うことが無かったら、看護・介護について話をする機会もなかったでしょうし、悩みを共感することも無かったかも知れません。同じグループの一員であるからこそ、共有することができ、看護・介護のあるべき姿を共に探すことができるのだと信じています。6月には「横浜鶴見リハビリテーション病院」が新規開設となり、新しい仲間が増えることも頼もしく、そして、喜びと感じています。
 今、日本では、少子高齢化社会の中、医療現場の人財確保及び定着が大きな問題になっています。当グループも人事ではありませんが、AMGグループだからこそ出来る研修を始め、教育のサポート支援があります。是非これらを活用し、地域住民の方々の為に、少しでも良い看護・介護を共に提供していきましょう。お待ちしております。

{2019年度看護本部基本方針}
1.看護・介護の質向上
2.看護職・介護職の定着確保
3.次世代管理者の育成
4.労働環境の改善
5.看護・介護職の経営参画

研修関連

看護職研修
新任看護部長研修(新任看護部長代行を含む)
新任副看護部長研修
新任看護科長研修
新任看護係長研修
新任看護主任研修
AMGキャリア開発プログラム科長以上研修(新任看護科長を含む)
介護職研修
新任介護係長研修
新任介護主任研修
介護リーダー研修
介護管理者研修
看護職・介護職 合同研修
在宅支援に向けた 看護・介護の基本ケア
新入職員看護部門研修
AMG看護本部新卒者研修
ケアマネ研修
ケアマネ初任者研修
ケアマネスキルアップ研修
ケアマネ管理者研修
看護本部・リハビリテーション部合同学習会
急性期リハ検討会
回復期リハ検討会
維持期リハ検討会
在宅支援サービス検討会
入所支援サービス検討会
認知症

交流会

認定看護師交流会
手術看護師交流会
内視鏡看護師交流会
透析看護師交流会
保育士交流会
介護責任者交流会
施設安全担当者交流会

職員数(平成31年4月末現在)

看護職員
(保・助, 准看含む)
男性    483名
女性 5,153名
介護職員 男性    637名
女性 1,207名

ホームページ URL

看護本部のホームページはこちらになります。