AMGホーム > AMG部門紹介 > 臨床検査

AMG部門紹介 AMG各部門の業務内容などのご紹介

AMG部門紹介

臨床検査技師採用情報の詳細

臨床検査

ごあいさつ 検査部 部長 小林 竜一

検査部部長 小林 竜一2019年4月現在、AMG検査部には513名の臨床検査技師が在籍しています。そのうち、病院及びクリニック所属が435名、登録衛生検査所所属が78名。
検査業務の部分では、ほとんどは各施設単位で運営されていますが、検査技師の教育はもとより学会発表への学術的な支援や指導、聴講参加に対する施設からの負担も充実していますので、各種認定・資格取得者も年々増加しています。加えて各検査室の上位者においては、年2回スタッフへの面談を実施し、個々の目標設定・進捗状況の確認、スキルアップの支援等にも積極的にかかわるサポート体制を構築しています。
 また、8つの委員会(精度管理、超音波、適正輸血、人材育成、学術、文書管理、病理細胞検査、広報)が各検査室横断的に活動し、医療の質の維持・向上に寄与しております。主な取り組みとして、超音波や輸血検査のハンズオン、装置メンテナンス、外部講師を招いての人材育成、グループサーベイおよび講評会、各検査室へラウンドに赴き、SOPや各種帳票類及び検査室内の環境の現状確認等々例年行っており、開催した研修会では必ず参加者へのアンケート調査を実施・評価し、年単位でアップデートをしています。
 そのような取り組みを継続してきたこともあり、(株)アムルおよび上尾中央総合病院が外部コンサルテーションに頼ることなく、臨床検査室の国際基準であるISO15189認定を取得しました。

急速に進歩する医療を土台で支えるべく、常に学ぶ姿勢の臨床検査技師の集団が私たちAMG検査部です。

研修関連

検査研究会 AMG検査部臨床検査研究会(4回/年)
クラスター別臨床検査研究会(4ブロック 各4回/年)
検査部各種委員会 精度管理委員会(11回/年)
適正輸血委員会(6回/年)
学術委員会(5回/年)
超音波委員会(4回/年)
広報委員会(4回/年)
文書管理委員会(3回/年)
人材育成委員会(3回/年)
病理細胞検査委員会(3回/年)
検査部研修会 新入職員リフレッシュ研修会
検査部主任以上研修会
病理細胞検査研修会
検査部精度管理調査報告会
腹部超音波症例検討会
領域別超音波実技講習会
適正輸血委員会実技講習会
機械メンテナンス講習会
クラスター別研修会

職員数(平成31年4月末現在)

検査部職員 男性   112名
女性   346名

ホームページ URL

検査部のホームページはこちらになります。