感染制御専門薬剤師セミナー|上尾中央医科グループ薬剤部

  • HOME»
  • 感染制御専門薬剤師セミナー

感染制御専門薬剤師セミナー

柏厚生総合病院
感染制御専門薬剤師・抗菌化学療法認定薬剤師
松木 祥彦

抗菌薬治療と感染制御の内容を両立して研修し、両者におけるスペシャリストを育成するセミナーです。

目標

感染制御をマネジメントする薬剤師を全病院に必要数(1~2名)配置する。

【感染制御専門薬剤師の役割】

院内感染対策における薬剤師の役割としては、①消毒薬の適正使用、②抗菌薬の適正使用、③抗MRSA薬などの薬物モニタリング(Therapeutic Drug Monitoring:TDM)業務と投与設計、④医薬品情報(DI)活動、⑤注射薬の無菌混合調製・配合変化回避、⑥輸液療法と栄養管理などがあげられます。 
現代の消毒薬や抗菌薬などは、優れた効果が期待される利点を持つ反面、使用法を間違えると副作用や耐性菌の問題が発生します。感染制御専門薬剤師には各薬剤の特徴に合わせて適正使用が求められ、複雑化する医療のなかで消毒薬や抗菌薬の専門家として活躍することが期待されます。また、院内感染対策チームの一員として、院内ラウンドや抗菌薬などのサーベイランスに参画し、院内の感染対策マニュアルの作成や改訂を行い感染防止対策に貢献することが期待されています。

【2016年度開催のプログラム】

通算の
開催回数
内 容
第41回
  • カンジダ血症を 発症後、真菌性眼内炎を合併した症例
  • 感右人工膝関節置換術による インプラント 感染患者に対するVCM 投与量を検討した症例
第42回
  • DICが併発した左大腿部膿瘍に対する抗菌薬選択を検討した症例
  • 直腸がん術後の縫合不全感染症に対する抗菌薬選択を検討した症例
  • 院内感染対策・耐性菌・消毒薬等の感染制御・管理面の事例検討
第43回
  • 尿路感染による敗血症患者に対するVCM投与量を検討した症例
  • 不明熱からの尿路感染・敗血症患者に対する抗菌薬の選択を検討した症例
  • ESBL産生大腸菌血流感染に対する当院での治療成績と評価
第44回
  • 椎間板炎に対する抗菌薬選択と副作用による再検討を行った症例
  • 化膿性関節炎に罹患した肝硬変患者に対するバンコマイシン投与設計
  • HIV血液・体液曝露事故(針刺し事故)発生時の対応

感染制御専門薬剤師育成セミナー 実施案内